長崎市の産婦人科 しもむら産婦人科

095-821-3541

診療予約システムはこちらから

はじめに

近年、一人の女性が出産を経験する回数が少なくなるにつれ、 一回の出産の持つ意義はますます大きくなり、個性や多様性が 重視される機会が増えてきました。
考え方も人それぞれで、痛みは我慢してでも自然に出産したいと 考えている方もいれば、できるなら痛みはなるべく感じないで 出産して体力を温存したいと考える方もいます。
全て自然経過に任せていた時代には出産に伴う痛みも我慢するしか ありませんでしたが、現在は、安全に分娩中の痛みを和らげることも 可能となりました。
歴史的には様々な麻酔分娩が行なわれてきましたが、最近は 「硬膜外麻酔分娩」が最も安全な方法だとされています。

硬膜外麻酔とは

子宮収縮、子宮口の開大に伴う痛みは腰部の脊髄からの神経により支配され、その神経をブロックする方法を硬膜外ブロックといいます。(歯科で用いる局部麻酔と同じ様なものです)
その効果で、たいていは下半身の感覚がにぶくなります。
硬膜外ブロックは背中からアプローチして、薬を脊髄の外側の小さなスペースに投与します。
(ここを硬膜外腔といいます)
硬膜外ブロックは、意識ははっきりしたままでほとんど痛みを感じませんが下腹部の張る感じや圧迫感は若干残ります。
投与する薬の量を増やせば帝王切開も可能となります。
あなたは横になるか、座るかして背中を曲げたままでブロックが終了するまでじっとしているようにいわれます。
背中を消毒剤で充分に消毒し、穿刺部位に局所麻酔を行ないます。
硬膜外針といわれる特殊な針により穿刺後、細いチューブを硬膜外腔に留置して針を抜去します。
その後はある程度動くことは可能となりますが歩きまわることは禁止されます。
その処置の経過中に不快な感覚はほとんどありませんが、大切なことは、穿刺時の体位を取る際はあなたの協力が不可欠であるという事です。
痛みが強くなれば局所麻酔薬をチューブから少量ずつ注入するか、または持続的に注入します。
あなたにも赤ちゃんにも副作用がほとんど生じない程度の少量の薬を使用することになります。
赤ちゃんの下降感、圧迫感は残存しますが、ほとんどの人は自然に近い形での分娩が可能です。
しかし、まれに圧迫感なども除かれてしまい、陣痛自体が弱くなったり、いきみに必要な力が不十分となる場合があります。
このような場合はあなたの腹部を圧迫したり、吸収分娩が必要になることもあります。
硬膜外ブロックにはいくつかの副作用があります。
なかでもお母さんの血圧の低下が最も一般的です。
これを放置すると赤ちゃんに酸素が供給できなくなって苦しくなる(心拍数が低下する)可能性があるので、麻酔薬投与の前には必ず点滴を行ないます。
硬膜外ブロックで重大な問題が起こることは非常に稀です。
もし、穿刺時に硬膜外腔の奥にある膜を傷つけてしまった場合、何も治療しなければ数日間頭痛を起こすことがあり、もしそこへ麻酔薬が過量に投与されると、あなたの呼吸筋にまで麻酔の効果がおよび、呼吸が苦しく感じることがあります。
また、麻酔薬が多量に脊髄周囲の血管内に入ってしまった場合、めまいを起こすか、更に稀なことではありますが呼吸循環不全を起こす場合があります。
いずれにしても適切な対処を早急に行なえるよう準備を整えた上で処置を行ないますので、後遺症を残す可能性はほとんど無いといえます。
なお、この麻酔法は穿刺という処置が必要であるため、脊椎に解剖学的異常がある場合、血液凝固障害のある場合、穿刺部付近の皮膚に感染がある場合、どうしても針が刺入できなかったり、この方法が嫌いだったり体位を取ることに協力してもらえない場合などは施行できません。
※医師 下村 修が学会出席等で不在の時は対応できませんことご了承ください。
無痛分娩をご希望の患者様は、必ず説明会(月1回開催)を受けていただき、妊娠36週頃に採血(自費)をいたします。


産科・婦人科・麻酔科・入院諾
しもむら産婦人科

〒850-0851 長崎市古川町8-11
お問合せ:095-821-3541

「初診外来問診表」をクリックして頂きますと、問診表が表示されますので印刷して記載来院下さい。